--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
07.14

farewell ~キミの未来を護るため~

エルトナ大陸中央、風送りの儀により其の守護を受ける街アズラン。
いつもと変わらぬ朝日が昇る。

tama (1345)

平和に彩られたような朝焼けとは裏腹に、このエルトナ大陸にはある脅威が迫っていた。
レンダーシアより始まりし魔障の侵蝕。

その脅威へ立ち向かうべく、ひとりの青年がこの街を旅立とうとしていた。




tama (1320)

「失礼します。お呼びでしょうか。」


tama (1323)

「出立の時に呼び立ててすまない。そなたとどうしても話がしたくてな。」

「いえ、ご挨拶にあがろうとしておりましたので。」



tama (1326)

「レンダーシアを覆う魔障は、今やエルトナだけではなく、他の大陸へも侵蝕を広げている。
 隣国カミハルムイではその脅威が聖地にまで及びつつあり、魔障を食い止める為に多くの犠牲が
 出ていると聞く。」



「魔障に触れたら確実に命を落とすと聞いております。手練の魔法使いでさえ、その威力に
 飲み込まれてしまうほどだそうですね。」



「様々な手を尽くしてきたが、どれもほんの一時的な食い止めに過ぎない。王都カミハルムイに伝えられし
 古文書による封印儀のみが最後の手段となってしまった。強大な魔力を要するために、そなたに頼らざる
 得なくなったのであるが・・・この儀は・・・・・・・」



tama (1331)

「この儀は術師自らが結界となり、魔障を封印するものと仰せつかっております・・・。」


「己の身体を媒体として結界となるということは、戻ることは叶わぬ任務となるが・・・
 そなたには故郷のツスクルに許婚を残してきていると聞くが。そなたの幸せを奪ってまで
 この任務を命じることになることを申し訳なく思うとともに、感謝してもしきれぬぞ。」



tama (1321)

「確かに私には幼少の頃から将来を誓った許婚がおりましたが・・・
 彼女と過ごすことができるのであれば、私の幸せなのでしょう。
 しかし、世界が魔障に冒されし今、それは永くないものとなるのです。」




tama (1334)

「私が結界を張ったところで、魔障が取り除けるわけではありません。
 先刻、アストルティアを覆った聖なる光はこの世界に救世主なる者が誕生した証。
 救世主となる者が世界を闇の脅威から救うべくその日まで、魔障を封印することが
 私の役目と心得ております。」



「そなたの許婚に何か伝えることはないか・・・?私にはそれぐらいしかしてやれぬが・・・」


「彼女へは、私は戻らぬものと伝えております。
 束の間の私と過ごす時間よりも・・・
 いずれ彼女が子を産み、そしてまたその子どもまでもが、彼女の愛するこのエルトナで
 平和に暮らしてゆけることが彼女にとっての本当の幸せだと思っております。

 その希望をつないでゆける任務にあたれるのであれば、本望でございます。」




tama (1333)


「そなたはこのアズランに・・・いや、エルトナになくてはならない者。本当ならこのような過酷な任務を ひとり背負わせて旅立たせたくはなかった。無力な私ですまない。。。」


「いいえ・・・


tama (1337)
「彼女の未来を護れるのであれば・・・・・悔いも恐怖もありません」



tama (1347)

10年後、100年後も平和に彩られたこの朝日が昇り続けることを願い、
青年はひとり旅立つのでありました。


fin









「・・・って、プクリポじゃないか!?」
「・・・って、プクリポじゃないの!?」

tama (1340)
てへ♪

「オレ、死ぬ運命かよ・・・」


tama (1343)
だって、エルフってシリアスにできてうらやましかったんだもんね~w

「妄想もここまでくるとはね・・・」


エルフ男子のひざまずくが大好物で、写真を撮らせてもらったものでこんな妄想を^^;
本編のスピンオフ的に作ってみたのですが・・・
ここまで読んで頂いて、ありがとうございます!

モデルを引き受けてくださったアナユヤさん。
現実に引き戻すつっこみを入れてくださったミウイさん。
ありがとうございます!
勝手に話を作ったので、ご本人様は何のこと?かもですが・・・^^;



【おまけ】


tama (1352)
青年よ・・・やすらかに・・・

「化けてでないでね・・・この季節だし・・・」
「またこの運命か・・・」


tama (1353)
                       くかーっ!

「プクリポは寝相悪いわね」
「まったく・・いい気なもんだぜ」


スポンサーサイト
トラックバックURL
http://tamaslowtrip.blog.fc2.com/tb.php/64-cfa5b66e
トラックバック
コメント
おぉー なんか格好いいですねぇ かっこぇぇぇぇ!
シリアスもいいものです
是非妄想シリーズを今後ともで

で許婚ってあのツスルク村の・・・

シルエdot 2013.07.14 18:30 | 編集
真剣な話っていいですね~!
私にはこんなシリアスなの作れません。。。
(子供の幼稚な頭じゃね・・・w)

シルエさんと考えてること(たぶん)同じく、
許婚ってツスクルの村のあの娘じゃないですか・・・?
フィアメルdot 2013.07.14 19:36 | 編集
シリアスいいですね〜!
男アナユヤ旅立ちの時、、
彼のこれからの展開が見たいですな〜w

まあ許嫁はあの子しかいないっすよねw
ニコルdot 2013.07.14 23:06 | 編集
ツスクルの村のあの娘>>>>越えられない壁>>>>世界

これはまだ見ぬ未来へ向かって Take Off ですなぁ
アナユヤdot 2013.07.15 17:56 | 編集
おおぅ、カッコイイ!!
シリアスが似合うって羨ましい(≧∇≦)
ないものねだりだよ、いつも私ゃ……

アナユヤさんのお気に入りのあの子、この間配信クエで私も仲良くなっちゃった( ̄▽ ̄)
ははは、ここにライバル出現なり〜w
ゆーとんぐdot 2013.07.16 22:03 | 編集
シルエさん&フィアメルさん&ニコルさん&アナユヤさん&ゆーとんぐさん

プクはどうしてもシリアスになりきれないので、こんな雰囲気が似合う
エルフの力を借りてタマネギもなりきってみましたw

ですがこのお話、随分前から考えていたのですが、たったこれだけを
作るのにすごく時間がかかってしまいました・・・^^;
妄想はすさまじいのですが、文章力がないのです´・ω・`トホホデス

この写真を撮影したのすら、だいぶ前ですしね~。
続きは・・・・何も考えとらんのです(/ω\)
いや、浮かんでないというのが正しいかと・・・wwww

アナさんの“あの娘”と言えば、もうおなじみかと思いましたので、
あえて名前は出さずにいましたw
タマネギdot 2013.07.17 22:35 | 編集
|ω・`)。o(かなり出てくるのが遅くなってしまった・・・・)
おおお、真面目な話だカッコいい~♪と読んでいたら
思わぬところで登場したので「Σ(゜д゜!?)」となりましたw

続きがどうなるか考えるのわくわくしますね♪
しかし、あの子>壁>世界、ということは世界が危ないーっ
ミウイdot 2013.07.17 22:52 | 編集
こちらもかなり返信が遅くなってすみません・・・

ミウイさんをいきなりの登場にしてしまいました^^
けっこう前ですが、アズランでお会いしたときのものです。
ご出演ありがとうございますw

その直前にひざまずくを撮影していました。
その時は、この話は何も浮かんでなく、後で写真を見て
話をつけたものなので、続きは・・・^^;ナイカモ
タマネギdot 2013.07.21 23:05 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。